Wonder

著者:R. J. Palacio
出版年:2012
ページ数:Hardcover:310+appendix and acknowledgment

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: wonder1-1.jpg
Wonder by R. J. Palacio 2012

2017年に出た映画もとても良かったですね。
お母さん(ジュリア・ロバーツ)の気持ちを思うともう胸がギュウギュウ苦しくて、何度も涙が込み上げてきました。

映画化される本は、「本の方が良かった」「映画の方が良かった」と意見が分かれる事もありますが、WONDERの場合は「どちらも良かった!!」と私は感じました!^^
どちらも大好きです!!
私は先に映画を観ていたので、本を読んでいる間お母さんはずっとジュリア・ロバーツで、お父さんはオーウェン・ウィルソンでした^^
そういうのもアリです♪

オギーは、Hemifacial Microsomia(片側顔面萎縮症、半側小顔症)とTreacher Collins Syndrome (トリーチャー・コリンズ症候群)が合わさった病気だそうで、生まれつきの顔の変形に加えて何度も受けた手術が重なり、外に出れば人からじろじろ見られたり、子供からは「怖い」と言われたり避けられたりしたため、いじめを恐れ学校には行かず自宅でお母さんが勉強を教えていました。
そんなオギーを両親は学校へ通わせる事になり、最初は見られたりいじめられたりするのですが、もともと明るい性格で頭も良い彼、泣いたり傷ついたりケンカしたりしながら、自分のハンディキャップを乗り越えていく話です。

でも、両親はハンディキャップなどとは思っておらず、オギーを励まし、たっぷりの愛情を注ぎながらも心を鬼にしてオギーを社会に押し出して見守ります。本当にこの両親とお姉ちゃんがすばらしいの!(号泣)
あと校長先生が!!(号泣)
最初は意地悪な子も出てきてドキドキしますが、少しずつ友情が花咲いていく様子に本当に我が子の成長を見守るような気持ちです。

私は洋書を読む時あまり辞書をひいたりしないのですが、今回ちょっとひいてみました。
結構…調べた単語ありました^^;
いかに普段単語飛ばしているかがわかります。。。
時にはそんな風に読むのも勉強になっていいなと思いました。
ちょっと時間かかりますけどね・・・
だいたいは「こういう意味だろうな」と推測して読んでしまって、それでも全然大丈夫です^^V

Wonder by R. J. Palacio 2012

impressionが “I’ll take an impression of your teeth.”と使われていて、調べたら「歯型をとる」だなんて、へ〜!そういう使われ方もあるんだ!と思いました^^

Wonder by R. J. Palacio 2012

行間と文字の大きさは普通かな?
ハードカバーでこれくらいだと、ペーパーバックでは少し文字小さくなるかも・・・。
だとハードカバーがおすすめです。

YAですが心温まるお話なので、大人にもぜひ読んでほしいです!